FC2ブログ

埼玉県の音楽屋さん

ASORA音楽制作のブログ。作詞・作曲・編曲・歌レコーディングの現場から、音楽や愛犬との日々の一コマをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喉を痛めずに、しっかりと声を出す練習☆ボイトレのメモ

【①響きのポジションを作る】

~まずは軽く爽やかな声で、響きの位置を確認~

響きは、鼻の後ろから上の方で作るイメージ
はん~、はん~、はん~・・・
力まず、喉に落とさず、上に向かってお花ふわ~っみたいなイメージで出すと
内にこもらなくてGood☆

【②呼吸】

~意外とたくさん、意識して息を吐いてみる~

息を強く出すイメージを作るために
まずは息だけで、ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!・・・
ハッキリとした鋭い息が、30cm先、50cm先、1m先に届くようなイメージで

【③呼吸+声】

強く息を吐くのと同時に、う~っすらと声を乗せてみる
響きのポジションは①、鼻の奥から上。喉に落とさないイメージ。
ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!・・・

次に、そのまま音階をつけてみる
ドッレッミッファッソッファッミッレッド~・・・
だんだん音を上げていったり、下げていったり、いろんな音階でやってみる

少しずつ声の分量を増やしてみる
響きのポジションは①、呼吸をしっかり使って、
ドッレッミッファッソッファッミッレッド~・・・


piano_candy.jpg


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 2017/06/22(木) 15:26:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。